問合せ
お問合せ
姓名判断で名前の画数や赤ちゃんの名づけ・改名・相性に不安はありませんか?

改名の申請書と家庭裁判所

  • HOME »
  • 改名の申請書と家庭裁判所

改名は家庭裁判所への申請書から

先ずは家裁で申請書を貰いましょう。

申請書をもらう事が第一の難関なのですがこれをスンナリとクリアしましょう。大部分の方はこの段階で諦めてしまいます。(家裁の雰囲気と事務官の態度に負ける)が貴方の熱意で切り抜けましょう。そして申請書は家に帰りじっくりと読んでから書きましょう。

意外と貰えない申請書
この申請書が貰えなかった場合は言い方がまずかった場合が多いようです。特に注意を要するのは「改名して少ししか経過してないんですが」です。もうここでアウトとなってしまって申請書すら貰えない場合があります。

申請書のダウンロード
申請書はパソコンからダウンロード(DL)できますが、申請時は家裁の雰囲気に慣れるためにも家裁へ直接出向く方が良いでしょう。

これを書いてはいけません

申請書の中に「改名の理由」を書く欄があります。誰もが一律の文章では不利な場合があって、個人の事情を考慮した書き方が有利なのは云うまでもありません。

審判官の裁量次第
又要求されます。それは家裁での審判は審判官や裁判所の裁量によるところが大きい為です。

裁量の中には例のカレー事件で問題になった人と同名の方が改名の申請して直ぐ許可された実例があります。又、事情によって即日審判で当日の許可もあります。


心情を訴える文章に
ナゼ改名したのか?どうして戸籍から改名したいのか?を審判官に理解して貰えるような書き方が必要です。自分の立場や環境を理解していただけるように書くことも必要です。


これは禁句です
「姓名判断で悪いと言われた」
「悪いと思う」「悪いようです」は禁句。
「誰にも迷惑をかけないのだから改名して欲しい」も禁句。
「人に頼んで付けてもらった」も禁句。

呉々も高飛車な態度をとらないようにしましょう。
自分で名前を考え、自分の意志で改名の申請をしましょう。


<戸籍から変えないから効果がないんだ>と思いがちです。大切なことは良い画数に改名した名前を普段から使用することです。申請時の年齢によっては戸籍からの変更は注意しましょう。(子供さんを除く)

家裁の申請後、不許可になった場合
申請書の書き方や使用の実績期間などの問題も有ったかも知れません。
不許可になった場合、考え方ではチャンスとなります。次回の申請には許可が得やすくなるからです。
諦めずに再度の申請も考えましょう。

改名申請書の有利な書き方


改名を考えてる方へ

戸籍の名前変更と手続き

改名方法と改名の注意点

戸籍の名前変更・改名手続きと許可条件

改名申請書と家庭裁判所

改名の証拠(実績)作りと申請


鑑定依頼のご案内

姓名判断を用いて物品販売など関与していません

Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2017

top-003

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3610-0399 AM10:00~PM10:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 堺 虹元の姓名判断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.