姓名判断で名前の画数や赤ちゃんの名づけ・改名・相性に不安はありませんか?

総格(総画)数占いの危険性

総格数占いの危険性と例題

総格数だけで占う誤解と危険性

総格は総合運でも晩年期の運勢でもありません。総格の画数の善し悪しだけで判断するのは危険です。総画が良ければ良い名前、とは言えません。

確かに重要で大切な格の一つです。しかし画数や内面の画数や組み合わせを調べて判断することが必要です。そうすることで画数の本性(真実)が明かされます。

総画は一つの格の名称です。文字の印象から総合運と思いがちとなるようです。

五格だけが良い画数でも危険な名前

図1「五格」の表面の計算

表面の例題1

上記の五格(天格・人格・地格・外格・総格)のどの部分にも凶数は見当たりません。吉数ばかりです。自動の判断なら満点?かも知れません。しかし問題の多い例題です。


図2社会運や家庭運を計算します。

図3.組み合わせも調べます。
家庭は21画で良い画数です。社会は運勢に影響を与えませんが28画で凶数。実はこの組み合わせが危険となります。内面の画数の若年期、中年期、晩年期の計算も必用です。

21と28はナゼ同じ画数?

同じ数の現象とは


五格
天格・人格・地格・外格・総格の意味や働きを知ることが重要です。

「総格」や他の「格」が良い画数でも、運勢の盛衰を左右する組み合わせや内面の画数を検証(裏付け)する必要があるのです。
「総格」の良さを他の格や組み合わせが足を引っ張るような画数や組み合わせとならないようにしましょう。 

Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2017

 

top-003

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3610-0399 AM10:00~PM10:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 堺 虹元の姓名判断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.