姓名判断で名前の画数や赤ちゃんの名づけ・改名・相性に不安はありませんか?

半吉数は吉数を生かす隠し味

半吉数は吉数を生かす隠し味


吉数を生かす半吉数
名前の画数は吉数だけ、或いは大吉数にすれば良い、と考える方も多いですが私はそうとは思いません。 調理人が「隠し味」を用いるのと同じです。
「若年期、中年期、晩年期」の画数を整え(半吉数)の中間色を縦横に使用することで吉数や大吉数の良さを更に引き出すことができるのです。

主な半吉数は以下の通りです。

 7画 17画 30画 34画 35画
36画 38画 40画 42画 43画
49画 53画 57画 58画 61画

上記の半吉数を誤解をしないように。吉数を生かす隠し味なのです。
画数表で見る吉凶数一覧


完璧な名前
完璧な名前はあり得ない。
表面の五格だけなら可能かも知れませんが、画数の組み合わせまでとなると、その全てを満たした名前は困難ですし皆無と言えるでしょう。
その為に半吉数は「吉数」を生かす有効な手段の一つです。
注意点
完璧な名前とは主に下記の五つ云々します。
1)画数の良否や「組み合わせ」の良否。
2)陰陽の配置関係。
3)天と地の配合配置。
4)五行・三才の配列配置
5)読み下し(漢字の意味や語源)。
注意点
上記を全て満たすことは不可能に近いのが現実。完璧が無いなら「画数の配置」だけは良くしたいものです。
せめて上記の(1)である画数(字画数)や組み合わせは完璧に近づけたいものです。


良い「画数」の使用と最適な「画数配置」にしましょう。
不必要で心配の無い組み合わせもありますが、一つの見落としが将来に影響する事もあり得ます。そのために的確で的中率の高い姓名判断を用いることが必要です。
その時はワンクラス上の良い名前の判断手法が特に有効です。


画数で花(華)を咲かす。

お茶(茶道)お花(華道)にしろ絵画にしろ、同じ材料で特性をどこまで引き出せたか?花(華)を咲かせるか?は姓名判断も同じです。
どの何画をどこに用いるか?など的確な画数の配置を縦横に使うことで花を咲かせ実を得ることが出来る名前になるのです。


画数の功罪と総画数占い
吉数や大吉数、凶数にも裏面を持ちます。吉数が基本ですが凶数で有りながらも、<内面の画数の良さ>に助けられて経営者、弁護士や税理士、教授、芸術家、タレント、スポーツ等で活躍している方も大勢います。
但し総画数だけで占うと危険性も生じます。

自動姓名判断は便利です。反面、鑑定方法や画数計算の違いもあり、鵜呑みは禁物です。特に五格(天格・人格・地格・外格・総格)の判断の内、一つくらいが悪くても<5分の1>の悪さだから大丈夫だ、と自己判断しがちです。



比べる余裕

不必要な部分に過大反応や固執、知り得た知識が判断を誤らせ、そして悩む方も多いようです。自動であれ何であれ、信じる信じないは貴方自身。
比べる余裕も必要ですが、肝心の画数計算や判断手法を間違ってはいけません。


姓名判断と画数情報
姓名判断は名前から得られる画数情報を得ることから始まります。
得られた情報から的確に判断するのが「姓名判断」だと言えます。画数の吉凶だけに翻弄されたり、画数の意味だけに操られてはなりません。名前から得た情報(画数)を姓名判断を巧みに操るのが大切です。

 

Copyright-sakai(C)since2000/5/13/2002-2017

top-003

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3610-0399 AM10:00~PM10:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 堺 虹元の姓名判断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.