姓名判断の方法はどこまで必要か?どれが最善か?

姓名判断 ワンクラス上の名前

姓名判断は私達に教えてくれる先人達の知恵

姓名判断
最適最善の方法
>ワンクラス上の良い名前>姓名判断はどこまで必要か?>魅せられた姓名判断>疑問と誤解>巧みに操る サイトマップ

ワンクラス上の良い名前。(ステップ4)番外編

姓名判断に最適、最善の方法は有るのか?

姓名判断はどこまで必要か?どれが最善か?
五格(天格・人格・地格・外格・総格)だけで充分では・・・の声も聞こえそうです。そこまで詳しく調べる必要があるの?との疑問も出る処です。
当然ながらどの方法を用いるか否か?は人それぞれです。ただ的中率など考えれば画数そのものを、もっと詳しく調べるのが現在の最善策と考えています。

判断方法を知らないがために誤解の原因となっている場合も多いようです。

画数は時に非情で厳しく指摘し、時に優しく貴方の努力を後押しします。
計算した五格は良い画数なのにどうしてこうなるの?・・・悪い画数なのにどうしてこの人の運勢は強いの?・・・この疑問は<若年期、中年期、晩年期>と組み合わせ検証すれば誰にでも理解できます。

詳しく調べるほどに姓名判断の的中率は上がります。そして迷信だよ!関係ないよ!と言い切れない部分を秘めている姓名判断手法である事に気付くでしょう。

姓名判断で下記のような疑問や感じたりしませんか?
  1) 画数計算法がマチマチだから答えが違う。結局、姓名判断は信用できない
  2) 「画数の吉凶数は気にしないで・・」、と言う答えを心中、密かに期待している
  3) 五格以外に画数の配置などが、なぜ必要なのかその理由が判らない・・
  4) 五格が吉数で、陰陽や五行が良ければ良い、と本で読んだし、そう聞いた
  5) 名前が悪いのかな?と感じつつも、そう思いたくない。名前のせいにしたくない
  6) 良い悪いは知りたいし、運勢の盛衰も知りたい。しかし悪い事は信じたくない
     ※上記はお問い合わせより抜粋しました

五格だけの判断もありますし五行優先も有るでしょう。極端には画数を考慮しない場合もあります。五格のみだけで判断した文章を読んでの名前選びは簡単で容易です。しかし容易だけに時として危険も生じがちです。

姓名判断で運勢の転機を的確に捉えるためにワンクラス上の判断、検証が最善の方法だと考えています。ワンクラス上の良い名前(ステップ2)の方法を知ることで新しい姓名判断の妙味に触れることができるでしょう。


五格のみで終わらず、内面や組み合わせの判断も必要と考えています

 若年期、中年期、晩年期を計算し、同じ数の組み合わせを判断します
五格の中で「天格=姓の部分」は先祖から受け継いだ宿命的な部分で避けて通れません。しかし残りの四格のみの判断だけでは判断材料が少なすぎます。陰陽や五行の判断以前に画数の配置などを詳しく調べる必要があります。
若年期、中年期、晩年期に本当の運勢が隠れています
内面の若年期、中年期、晩年期の画数に名前の真実(本性)が隠されています。
そして上記のように年代別の画数に移り変わる時に運勢の転機が訪れます。

 正しい画数情報はウソをつかない、伝えない。

姓名判断は非情な結果や優しく後押しします。
正しい画数情報はウソを伝えないのです。
全てが名前が原因で無いですし、全てが名前で解決できるものでも有りません。
しかし姓名の正しい画数情報は時として非情で厳しい現実や真実を見せる反面、良い画数の名前の使用は貴方のたゆまぬ努力を優しく暖かく見守り、後押しします。
間違った情報や過激な表現など、占い師の都合の良い情報が判断を歪める事があります。ここで注意したいのは画数占いが漢字の意味占いにならない事でしょう。

表面の五格(天格・人格・地格・外格・総格)だけでなく、漢字や呼び名の希望を叶えつつ、内容の伴う画数情報と検証(裏付け)ができる方法が理想です。その方法が上記にご紹介の「ワンクラス上の良い名前」の判断判断方法です。

 できるはずが無い!そこまで詳しく調べなくても・・・。

そんなのはできないよ・・できるはずが無い・・ワザと難しくしている・・・。
これらはどれも違います。全てに満点の名前は皆無ですが「ワンクラス上の良い名前」の手法は名前の診断、鑑定に威力を発揮します。判断はやや複雑なるが故に誤解も多くあるようです。

誰もが容易で簡単な命名方法や改名方法を選択するのは当然です。本やネット上で探せば簡単に容易に探し出すことができるからです。しかし、そこに落とし穴が待っているかも知れません.。
慎重に調べて検証(裏付け)しましょう。

参照→探せば必ず見つかる良い画数配置の名前
計算上は一つの姓で8千通りあります。探せば良い画数配置は必ずあるのですが、固執の概念やこだわり、俗説、誤解などがネックとなる場合が多いです。最低限、守るべき個所は守り、避けるべき個所は出来る限り避けることで良い名前に近づくことが出来るでしょう。


姓名判断を巧みに操る姓名判断の疑問と誤解画数の意味1画から81画

注意すべき事
サイトに記載した方法は的中率を飛躍的に高めますが、これらを安易に用いて物品の販売や宗教活動に利用すべきでは有りません。特に<組み合わせ>や<同じ数/同数・同格>の判断や解釈は複雑で多様です。異なる画数計算や他の鑑定方法との混同は不適切な判断となりがち。慎重で的確な判断と正しく活用することが大切です。

電話の無料相談もどうぞ
お問い合わせ無料  

このページのTOPへ 独自の判断方法を用い、各種の鑑定、命名、改名を研究しています。
迷う画数計算名前と画数の因果ワンクラス上の名前命名・名づけ改名・改名法五格の判断法画数表
当主自らHPの作成と更新をしています。誤字、脱字、要望、ご意見などありましたら お知らせ下さい

Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2013 当サイトで使用の文章と画像は堺のオリジナルです
姓名判断−名前と画数の因縁因果 Copyright-sakai/2000/05/13