姓名判断で名前の画数や赤ちゃんの名づけ・改名・相性に不安はありませんか?

社会運(援助運)と家庭運は運勢の要

日常に用いる言葉でも姓名判断では大切です

社会の運が強いからいいね、家庭の運に恵まれて幸せだね、と日常茶飯事な言葉も姓名判断上は重要な意味を持ち姓名判断の要と言えます。
目次は「MENU」サイトマップからどうぞ。


■左図は表面の画数・右図は内面の若年期

ura11
表面の五格計算
ura22
内面の若年期

内面(若年、中年、晩年)の計算は簡単です。お問い合わせ頂ければ即答します。
一文字姓や一文字名・三文字名や三文字姓などは姓や名の違う画数計算を参照下さい。

以下は解説は内面の援助運です。
表面の社会運は内面では<援助運>と呼び換えます。
内面の援助運は表面の社会運と同じ位置にありますが解釈や判断は全く異なりますから注意が必要です。
この内面の援助運は金銭・名誉・地位・財産など運勢の強弱などを判断する重要な部分です。


援助運の善し悪しは苦難な時や病む時に、人からの引き立ては?努力が実るか?戦えるか?生まれ持つ天性を生かせるか?を判断します。
「援助」の画数は三段階(若年期、中年期、晩年期)に分けられ、この画数の吉凶は運勢の盛衰に大きな影響を与えます。天徳の概念から私は先祖運とも呼んでいます。

内面の援助運の計算方法。
(上記の若年期を参照)
・合計25から一番下の画数4を引いた21画。
・中年の援助は中年の合計から引きます。
・晩年の援助は晩年の合計から引きます。

■表面の社会運と混同しないように。
■社会運の吉凶は判断対象になりません。
五格の意味と働き


aka2
家庭運は表面の画数で判断します。
内面の家庭とは解釈判断が異なります。
表面と内面の違いとは。

v0101
援助運は運勢の盛衰の判断に用います。
表面の社会運の良否は単独で判断しません。但し悪い組み合わせの場合を除きます。
表面と内面の違いの解説。

若年、中年、晩年期の三段階の画数や組み合わせなども詳しく調べます。


家庭運
以下は表面の「家庭運」の説明です。
位置は同じでも内面の「家庭」と判断が異なりますから注意しましょう。

以下は表面の家庭運の解説です。
表面の「家庭運」は別名:結婚運です。
ここの画数は結婚運、親子関係、夫婦関係、部下の運などを判断します。生活の基本的な生き方や考え方が判断できます。
その他では周囲との絆や恋愛・結婚にも影響する大切な箇所です。凶数の時は注意しましょう。内面の家庭とは判断は異なります。


表面の「家庭運の画数」が吉数か?凶数か?は、その人の考え方まで左右しますから、この画数の良否は生涯に大きな影響を与えます。家庭運の画数は特に重要です。<家庭>と言う概念から私は子孫運とも呼んでいます。

家庭運の計算方法 上図「表面」参照
総格31から一番上の画数10を引いた21画。
表面の家庭運と混同しないように。

画数の意味1~81画

16画、23画、32画の功罪

計算が不明な時はお問い合わせくだださい

Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2017

top-003

お気軽にお問い合わせください。 TEL 050-3610-0399 AM10:00~PM10:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 堺 虹元の姓名判断 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.