堺 虹元の姓名判断

姓名判断と陰陽五行の配置(配合)

お問い合わせ電話番号
姓名判断トップ陰陽・五行の配置配列五行と姓名判断命名の注意点改名の注意点 サイトマップ

陰陽や五行の配置の強弱だけが運勢を司っているのではありません。
画数や<組み合わせ>等と併せて判断する必要があります。陰陽五行説の不適切は
(1)年代別(若年期、中年期、晩年期)の画数配置を調べる。
(2)同じ数の(組み合わせを)調べることで充分補うことができます。

陰陽陰陽の配置、配列。偶数は● 奇数は○として表現しています。
陰陽と五行は画数の悪さを補えるか?
画数の配置も万全、陰陽の配置配列、更に五行も万全。それにこしたことはありませんが至難の業。画数の吉凶や画数の配置に片目を閉じれば、陰陽五行の条件を満たす事は可能ですが、陰陽は画数の配置の悪さまでは補えません。

全てを満たした完璧な名前はありません。
五行は自然界の法則です。姓名判断での陰陽は主に成長期における赤ちゃんなどの健康判断です。運勢に直接に影響力は無いにしても、健康を害しては社会生活を営めませんから陰陽は大切な一面を持ちます。ただ残念なことに画数配置や陰陽、五行の全てを満たした完璧な名前は皆無に近いのが現実。
画数の配置を優先する方が安全です。
陰陽や五行が良くても、画数の配置が悪いが為に健康や運勢の波乱を招く事が実占(実際の占い)で確認できます。(多くはその真実を知らない事が多い)。その為に先ずは詳細な画数の判断が必要と考えています。

姓名判断と陰陽について姓名判断と陰陽について。
陰陽を無視しているわけではありません。しかしいくら陰陽が良くても運勢の盛衰を調べる「内面」に悪い画数や組み合わせが有れば有効に働かないでしょう。
陰陽の悪い例題もよくよく見れば、五格の画数に凶数がある場合、或いは悪い組み合わせが必ず有ると考えられます。

五行の配置が悪いから運勢に大きな障害が出ることよりも、画数そのものや「組み合わせ」が悪いために障害となることの方が多いのが現実です。
(画数計算を間違うと陰陽が逆にりますからご注意を)

健康は<画数や陰陽・五行>だけが原因と言い難い面が有ります。年齢の加算、社会環境、自然環境、食料環境などが少しずつ私達の健康を損なう環境へと進んでいます。
陰陽五行のポイント 陰陽五行の配置、配列(五行三才)のポイント

(1)接合部の画数と陰陽
陰陽五行を大吉の配置にすれば万全か?その多くは良い画数配置にならない場合も生じます。姓名判断での陰陽について云えば、大切なのは「接合部」です。接合部とは<姓と名>の境目を云います。

例えば<平和 元気>さんの場合、「和8画と元4画」が接合部(人格数)です。和=8画で偶数、元=4画で偶数ですから、接合部は●と●となります。この例題の場合の人格は12画の凶数ですから付けるべき画数配置でありません。

画像 画像


(2)逆になる接合部の陰陽の配置
画数計算を間違うと「陰陽」が逆になりますから正しい数え方をしましょう。
ここでも注意点は画数計算です。例えば<平和 洋子>さんの場合です。
<和は8画、洋は9画>で接合部の陰陽は偶数と奇数で●と○となります。

ところが「洋」を10画と計算する人もいます。そうすれば偶数●、偶数●となって接合部の「陰陽」は逆になってしまいます。「洋」は9画が正しい画数です。

画像 画像


陰陽は精神的にも肉体的にも微妙な影響を与えますが、接合部に於ける同数、同格(同じ数)となる場合は画数との関連性が加味されます。結果的に良い方へ働きかけるプラス面と負のマイナス部分を併せ持つことになります。

接合部は偶数●奇数○、又は奇数○偶数●と交互になるのを良しとします。但しこれらも画数の善し悪しや組み合わせなどを加味した総合判断が必要です


陰陽の不具合と画数 陰陽・五行の配置配列の不適切を補う「画数の配置」とは・・


陰陽は精神的にも肉体的にも微妙な影響を与えますが、接合部に於ける同数、同格(同じ数)となる場合は画数との関連性が加味されます。結果的に良い方へ働きかけるプラス面と負のマイナス部分を併せ持つことになります。

接合部は偶数●奇数○、又は奇数○偶数●と交互になるのを良しとします。但しこれらも画数の善し悪しや組み合わせなどを加味した総合判断が必要です。


陰陽・五行の配置配列の不適切を補う「画数の配置」とは・・

<天格>を除いた各々の<格>に凶数が無い事を条件とした上で・・・

  1. できれば、表面での姓と名の接合部は陰陽の交互が望ましいでしょう。
  2. <若年期、中年期、晩年期>に良い画数の配置が必要です。
  3. 特に若年期の陰陽の配置も重要なポイントです。
  4. 表面や内面に障害となる、同じ数の悪い<組み合わせ>とならないように。

改名は目的が有りますから上記と異なる場合があります。
バランス良い名前とは見た目の感覚的な判断でなく「画数配置」の事です。

陰陽や五行三才にとらわれ過ぎて、画数の配置や組み合わせが悪くなることを避けねばなりません。画数の悪い部分を陰陽や五行で補われないですが、陰陽や五行の不適切な部分は画数の配置で補うことができるでしょう。


五行説の判断から解放される姓名判断手法です
五格(天格・人格・地格・外格・総格)だけで姓名判断をする手法と違い、当所は年齢別に画数を判断し、更に組み合わせを判断することで五行の善し悪しから解放されます。その方法がワンクラス上の良い名前の付け方と言えるでしょう。

五行三才の配置と姓名判断

姓名判断と五行三才
五行の配置が悪いから運勢に大きな障害が出ることよりも、画数そのものや「組み合わせ」が悪いために障害となることの方が多いようです。

五行の配置による現象や、その善し悪しの例を文章で書くことは可能ですし無視できない部分かも知れません。しかし内面の画数や配置、組み合わせが良いにも関わらず、五行三才の不適切がために運勢に大きく影響を与えている、いう実例を私は残念ながら未だ探しきれていません。

五行が重要だとする姓名判断も一つの判断方法です。その多くは<社会や家庭>の画数も計算しませんし、内面の「若年期、中年期、晩年期」の画数も計算しません。そして「組合せ」も判断しません。画数による真実を知らないがために無視せよ・・との声すら聞き及んでいます。

しかし、その実態はどうでしょうか?
五行を調べるのも悪くありません。多くの相談者の声を聞く限り、又は鑑定する限り、画数の配置や組みあわせの不具合がためが起きている事が多いのが現実です。どちらが強く影響するのか?を比較、判断すれば答えは自ずと見えてくるでしょう。

考えた赤ちゃんお名前や改名の候補名の場合、今の貴方や周囲の方の画数や配置を調べる事で、その真実が理解できるでしょう。せめて画数だけは良いのを選ぶことが大きな選択肢と言えます。


内面の画数と画数の配置同じ数の組合せとは

一つ前に戻る お問い合わせ お問い合わせのご案内 堺虹元の姓名判断トップ

このページのTOPへ
迷う画数計算名前と画数の因果ワンクラス上の名前命名・名づけ改名・改名法五格の判断法画数表
当主自らHPの作成と更新を全て行ってます。誤字脱字、要望、ご意見などはお知らせ下さい
Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2014 当サイトで使用の文章と画像は堺のオリジナルです
姓名判断−名前と画数の因果 Copyright-sakai