五格(天格・人格・地格・外格・総格)の計算方法

堺 虹元の姓名判断

「姓が二文字」で「名が一文字」の場合の計算

五格の画数の数え方
姓名判断トップ五格と運格の計算二文字姓で名が三文字三文字姓の場合一文字姓の場合  サイトマップ

二文字姓(苗字)で一文字(名)の場合

二文字の姓で一文字の名前は数え20歳から画数計算方法が変化します。

小林 愛 さんの場合 (数え20歳まで) その他の五格の数え方と計算
漢字二文字の(姓)と漢字一文字(名)の例題です

(表面の名前)

二文字姓で一文字の名前/数え20歳まで

社会と家庭とは
二文字の姓で名が一文字の場合

<天格>は姓の画数の部分です。
<人格>は姓と名の(接合部)です。
<地格>は名の部分です
<総格>は天格と名の(愛)13画を足して24画。
<外格>は<小/3画>と一番下の(0)を加えます
・家庭は下から<0・愛・林>の三文字の計で21画。
・社会は上から<小・林・愛>の三文字の計で24画。

・総格は、総画、合計画数と同じ意味です。
・他の計算についてはお問い合わせ下さい

 左図の画数より下図の方が影響力は強い
内面の画数は運勢の盛衰を現します


画数の意味1画〜81画  一目で判る画数表  大吉数23と32の功罪
占いの画数表
下図の数え20歳以降も参照してください。
数え20歳以降

数え20歳以降

数え20歳以降
一文字(名)の注意点
「姓の文字数」に関係なく、男の子の名前で一文字、女の子の名前で一文字の名前を付ける時は注意しましょう。一文字の名前は見映えはいいですし、芸能界、スポーツ界などで活躍されている方が多くおられますし目立ちます。

しかし活躍の目立つ人の多くは、苦労して過酷な戦いを勝ち生き残った人だけに許されます。そしてその裏には苦労と変動がいつもつきまといます。

一文字名も悪くありませんが数え20歳を境に変動を伴いますし、姓の画数によっては外格や地格、家庭運が凶数になったりしますから慎重に画数を選びをしましょう。

計算の不明時は電話にてもどうぞ。
お問い合わせ電話番号
又は携帯へどうぞ 参照→  携帯

数え20歳以降の計算
 一文字(名)の場合は数え20歳以降は下記のように変わります。大きく変わった箇所は以下の通りです。但し(総格)は変わりません。
  1)地格の画数が変化します。
  2)外格の画数が変化します。
  3)表面の家庭の運の画数が変化します。
※表面の画数が変われば若年期、中年期、晩年期の画数も全て変わります 


(表面の名前)

一文字の名前/数え20歳以降

社会と家庭
霊数@を加える方が姓名判断の的中率が高くなります。総格には@は加えません。
二文字の姓で名が一文字の場合

<天格>は姓の字画の部分です。
<人格>は姓と名の(接合部)です。
<地格>は名の部分と霊数@を加えた数です。
<総格>は天格と名の(愛)の画数を足して24画。
<外格>は一番上の3画と一番下の@を足して4画。
・家庭は下から<@・愛・林>の三文字の計で22画。
・社会は上から<小・林・愛>の三文字の計で24画。

霊数@が付きますから計算を間違わないように。

・数え20歳以降は霊数@を加えて<地格>とします。
・<外格>など、他の部分が変化します。
外格の意味と与える影響は重要です。

・赤丸が変わった箇所。凶数に変わりました。
・<若年期、中年期、晩年期>の画数も変わります。
・地格、社会、家庭の三個所の画数が変化します。

・内面の画数は運勢の盛衰を現します

画数の意味1画から81画
漢字が一文字(名)の場合、若いときに辛酸を味わい伸びる人と、順調に進んで途中で頓挫、或いは大きな変化も多いですから慎重を要します。一文字の(姓/苗字)の場合も同様です。

五格(天格・人格・地格・外格・総格)の働き

その他の計算方法その他の五格の計算方法
二文字(姓)で一文字(名)の画数計算
二文字(姓)で二文字(名)の画数計算
二文字(姓)で三文字(名)の画数計算
左記以外の画数計算方法はお問い合わせ下さい。 漢字の画数計算の基本


1)呉々も画数計算を間違わないように。
2)総格(総画)だけで判断しないこと。

三文字(姓)で一文字(名)の画数計算
三文字(姓)で二文字(名)の画数計算
三文字(姓)で三文字(名)の画数計算

一文字(姓)で一文字(名)の画数計算
一文字(姓)で二文字(名)の画数計算
一文字(姓)で三文字(名)の画数計算

電話のお問い合わせもどうぞ
一つ前に戻る ご案内 無料のお問い合わせ 堺虹元の姓名判断トップ

迷う画数計算名前と画数の因果ワンクラス上の名前命名・名づけ改名・改名法五格の判断法画数表
All Rights Reserved Copyright-sakai(C)since2000/5/13 ver2.3/2002-2012